高知市の夜景

正蓮寺からの夜景

香港や函館の夜景は有名ですが、高知市の夜景もまんざらでもありません。高知市筆山(ひつざん)公園、牧野植物園のある五台山の展望台、高知市正蓮寺(しょうれんじ)等が夜景を楽しめるポイントです。それぞれのポイントでの特徴をご紹介します。

筆山公園

高知市筆山公園は、高知市潮江地区(住宅街)を見下ろす方向が開けています。少しお街のネオンが足りず寂しい夜景ではありますが、桟橋にある高知旧港が良く見え、浦戸湾を挟んだ対岸の弘化台(こうかだい)の光が水面に映ってきれいです。ただ、駐車場に車をとめて、山の展望台まで徒歩で行かなければいけませんので、冬の寒い夜と蚊の多い夏は、その対策が必要です。(日中に、浦戸湾から太平洋に続く景色を眺めるにはとても良い場所です。)

五台山の展望台

高知市五台山展望台近くにはNHK高知放送局のカメラがあり(地デジ移行前)、ここが高知市を一望できる場所であることにお墨付きを与えてくれている様な気がします。日中も、浦戸湾と注ぎ込む国分川を眼下に見下ろすことができます。晴れた日に太平洋の方向に開けた浦戸湾を一望すると気持ちよいですが、高知市の中心街を見渡すので、きれいな夜景を見る事ができます。ただ、ここも駐車場から少し歩かなければならないのが玉に瑕です。

正蓮寺

高知市正蓮寺の県道16号からは、ここに掲載している写真のような夜景を見ることができます。私が一番好きな夜景ポイントです。県道16号が高知市街を見下ろす様に山の斜面に付けられていることから、夜景を車の中から見ることができます。ここは、高知平野の北端なので、日中も眺めが良く、浦戸湾がひょうたんの形をしていることが良く分かります。

ただ、筆山や五台山のように整備された場所はありませんので、県道16号の道路脇に車をとめて眺めます。県道16号は高知市秦地区と土佐山地区をつなぐ道で、正蓮寺の坂はクネクネ、斜度もきついのですが、秦地区の山の入り口あたりから5分も上がれば高知市を一望できるようになります。道路横は、木や竹がが多く生えており、これらをもう少し伐採すれば眺望が良いのにとも思いますが、わがままでしょうか。大体、眺めの良いポイントでは、誰かが車をとめて夜景を見ていますので、初めての人でも迷うことはないと思います。

一番上(高知ゴルフ倶楽部の入り口のあるあたり)まで上がって、Uターンし、徐々に一番良い場所を探すのも良いのかもしれません。

休日前や休日の夜遅くには、「走り屋」の若い子達がたむろしている正蓮寺墓地周辺もありますので、そのあたりは避けた方が良いです。正蓮寺墓地よりも少し上の方が、夜景がきれいに見えます。

ぶらりMAP

以下のリンクをクリックすると、詳細な地図を表示します。

↑ページトップへ

BACK
Copyright © 1996-生活創造工房 All rights reserved.